【開業資金】整体・サロンの開業資金はどれくらい必要なの?設備資金編

 整体・サロンの開業をしたことない人にとってどれくらい開業資金が必要なのかは想像しにくいと思います。店舗を構えるためにはどのくらいのお金が必要なのかを経験を元にまとめてみました。

 ここにまとめた開業資金は最低必要な設備資金の金額となります。実際は、最低でも家賃6か月分は余裕を見て準備しておく必要があります。資金は多めに準備しておいて間違いはありません。大体どれくらいの資金が必要なのか知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

設備資金とは?

 設備資金がいまいちわからない人のために簡単に説明しますね!開業資金は大きくわけて設備資金と運転資金に分けられます。設備資金は固定資産に投資する資金のことです。例えば、建物や、ベッドや機械などの設備のことを指します。運転資金は、お店を運営していくのに必要になる資金ですね。例えば、人件費や消耗品費、月々の家賃などがこれにあたります。

設備資金は店舗によって大きくことなる

 開業資金は店舗形態によって大きくことなります。前回もお伝えしましたが、店舗を構えた開業は売上が上がりやすい分、多くのお金が必要なのでリスクが高くなります。では具体的にどの程度のお金が必要なのでしょうか?そんな疑問をお持ちの方!店舗を構える場合と出張・訪問の際の設備資金を比較してみましょう。

(1)小さく店舗を構える場合の開業資金

 

 ・・・例えば、マンションや小さい店舗

[必要な資金]100〜500万円程度

<大体の内訳>

[家賃]10〜30万円程度

[保証金]60万〜300万円程度

[内装]50〜200万円

[物品設備]10〜50万円  

 設備資金の平均は200万円くらいでしょうか。店舗を構える場合は、ほぼ保証金が発生します。ローリスク・ローリターンになりやすいですが、リスクが少ないので、初めて開業する方はこちらがオススメです。保証金は平均して家賃6か月分〜1年程度かかりますが、マンションなら保証金がかからない場合もあります。内装は業者に頼むと高く、自分で行うとある程度抑えられます。徒手での施術が専門の場合、物品設備は特殊な機械を使用しないかぎりベッドとタオル程度で安くできる場合もあります。

(2)大きく店舗を構える場合の開業資金

・・・例えば、駅近くの店舗、好立地の店舗、中くらいの店舗

[必要な資金]300〜1,500万円程度

<大体の内訳>

[家賃]30〜60万円程度

[保証金]300〜1000万円程度

[内装]100〜500万円

[物品設備]50〜200万円  

 設備資金の平均は700万円程度でしょうか。ハイリスク・ハイリターンである程度お金に余裕のあり、知識も十分に持っている方にオススメです。もちろん都心や駅近などの好立地であればリターンが多い分1,000万円は軽く超える場合もあります。田舎や駅から離れた場所での開業は保証金が少ない場合もあるので、300万程度でも可能な場合もあるようです。

(3)出張・訪問の場合の開業資金

[必要な資金]0〜50万程度

<大体の内訳>

[物品設備]0〜50万円程度  

 一番ローリスクなのは出張・訪問での開業です。こちらは店舗を構える必要はありませんので、費用はかなり抑えられます。例えば整体であれば、必要な物品はベッドやヨガマット、タオルなどの費用だけで行える場合もあります。しかし、集客は難しくある程度の知識が必要になります。

まとめ

 その他にも立地や条件によって大きく異なりますが、上記の金額が目安となります。また、あくまで目安なので協力してくれる人がいたり、工夫をすることで必要は大きく削れます。また保証金のない物件やスケルトンなのか、居抜きなのかでも大きく変化します。

 開業する前にどれくらいの費用がかかるのかをきっちりと把握してから開業してくださいね。どんぶり勘定で「こんなもんでいけそうかな」なんて開業してしまうと思わぬ出費で切羽詰まってしまうこともあるので注意して下さい。 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Ryosuke