一人整体院開業が成功しやすい3つの理由

今回は一人整体院を開業しようとしている人や、実際に一人整体院で開業して成功できるのか不安に感じている人のために、一人整体院開業が他のビジネスよりも成功しやすい3つの理由をお伝えします。一人整体院が成功しやすい理由は以下の3つが挙げられます。

在庫をもたないで済む

まずは在庫を持たないということです。ビジネスのほとんどは在庫が発生します。在庫を抱えないということで開業・起業のリスクが大きく下がります。在庫を持つということはどういうことかというと、在庫を維持するための場所が必要ですし、それを管理・維持する費用もかかります。またその商品が思うように売れなかった場合は、もちろんそれを抱えてしまうことになります。つまり、在庫を抱えてしまうと、他の方法を試してみようとした時に、キャッシュフローがうまく行きにくくなり、ビジネスの軌道修正が難しくなります。

その点、整体院は在庫が発生しません。売る商品はあなたの施術だからです。在庫を管理・維持する必要も発生しないですし、商品(施術)の内容だって自由に変更できます。在庫が発生しないというだけで在庫を抱える心配がなく、他のビジネスよりもリスクが少なく開業・起業できるというわけです。

利益率が高い

一人整体院開業が成功しやすい2つ目の理由は、利益率が高いということです。整体院の利益率は高いです。なぜ高いのかというと、原価がかからないからです。多くのビジネスは原価がかかり、原価(仕入れ代金)を差し引いた部分が利益(粗利益)になります。例えば、原価が発生すると1ヶ月100万円売り上げたとしても、だいたい4割が原価として引かれてしまうので、1ヶ月60万円しか利益が発生ません。原価がかかってしまうと薄利多売で多くの商品を販売する必要があります。それに比べて1人整体院は原価がかからないので、かなり高い利益率で販売することができます。

価格も高単価で設定できるので、売る数量も少なくて済みます。例えば、例えば1回8000円で施術を提供した場合、1日6人が購入した単純計算で1ヶ月100万円はいきます。しかも原価がかからないので、かなり高い利益率(粗利益)でやっていくことができるのです。

初期投資が少ない

一人整体院開業が成功しやすい3つ目の理由は、初期投資が少なく開業できることです。販売するものは自分の施術(自分の腕!)なので、管理費・維持費もかかりません。最低限、施術を提供するのに必要なものは、施術する場所と施術用ベッドですね。極端に言ってしまえばそれがあれば施術を提供することが可能です。万が一失敗してしまったとしてもリスクは最小限に抑えられる場合が多いのです。また初期投資が少ない分、他の部分への投資(例えば集客への投資など)も増やせます。

まとめ

在庫を持たない、利益率が高い、初期投資が少ない。以上の3つの理由から一人整体院は成功しやすいビジネスです。一人整体院に限らず一人起業・一人開業する場合の一番大きなハードルは資金力だと思います。その面において、在庫を持たずに初期投資の少ない一人整体院は成功しやすいビジネスの一つです。今回の記事がどの分野で起業・開業するか悩んでいる人の参考になれば嬉しく思います。