理学療法士の資格を捨てずに起業する方法

最近は、理学療法士の資格を持っている方が起業することが増えています。理学療法士だから起業できない。理学療法士に開業権はないから開業できないというわけではありません。今回は理学療法士の資格を持っている方が資格を捨てずに起業・開業する方法をお伝えします。

理学療法士だからという枠にとらわれすぎない。

インターネットで検索すると理学療法士だから起業できない。理学療法士には開業権はないといったことが出てくると思いますが。結論からいうと理学療法士の資格を持っていても起業・開業はできます。詳しくは理学療法士って独立・開業できるの?にまとめていますので、いまいち理解していない方はご覧になってください。

理学療法士の多くは、理学療法士として仕事をするという意識が強くある方が多いように思います。しかし、起業は本来誰でもできるものです。ただ法律や規則に引っかからないように気をつける必要があるだけです。まず理学療法士という枠に囚われてしまっている方は、その狭い考え方を変えてください。理学療法士として学んだ知識や経験を役立てることは何も問題はないですし、理学療法士として今までやってきた知識や経験は社会に大いに役立ちます。

つまり、理学療法士だからという枠に囚われてしまった人は起業は難しいと思います。まずは理学療法士という枠を外してください。理学療法士が起業するのではなく、理学療法士として学んだ経験をもった「あなた」が起業するからです。

理学療法士の強みを生かした起業をしよう

どこかで理学療法士を捨てて起業しようというコメントをみたことがありますが、これも違います。むしろ理学療法士として今まで培った経験を起業に活かしましょう。理学療法士というのは国家資格で特別な経験ができます。何もない普通の人が起業するよりも理学療法士の資格を持った方が起業する方が成功しやすいと思います。

なので理学療法士を捨てないで、理学療法士の経験を強みに変えて起業することをおすすめします。この強みも人それぞれの形を持っていると思います。例えば勤務先によっても違いますよね。病院、診療所、老健、訪問、デイ、企業など様々な勤務先があります。何を専門にやっていたのかでも違います。どういうことを重点的に学んできたのかでも違います。理学療法士と一言にいっても見えてくる視点は十人十色です。私は普通の理学療法士と思っている方も他の人からみたら立派な強みを持っている場合がほとんどです。

理学療法士を捨てて起業ってことは、理学療法士として頑張ってきた経験を捨てることと同じです。せっかく頑張って経験を積んできたのだから、それを起業に役立てられないのか考えてみましょう。

例えばどんな起業の形がありますか?

具体的にどんな起業の形があるのでしょうか。これは千差万別です。起業は人が喜んで対価がもらえることであればどんな形でもビジネスになります。といっても全く想像つかないと言った方のために、具体例をいくつかあげてみます。

例えば、私は整体院を経営しています。私はパーソナルトレーナーの資格をとりトレーナーとして施術を行っています。主な内容は姿勢矯正による痛みの予防です。他には、セミナー講師で今まで学んだ技術をみんなに教えるというのも考えられますね。あとは、今の時代は技術だけではなく、情報も価値になります。理学療法士の中にはブログで体の知識を伝えて、そこに広告を載せて対価を得ている人もいます。他には、起業へのコンサルとか、商品開発とか色々なものがあると思いますが・・・

どんな分野で起業するのかはあなた次第ですよね。あなたの経験と知識と信念と好きなことと色々なものが影響しますから。これが全てではなくて起業の形も人それぞれだと思うので参考程度にしてみてくださいね。

まとめ

理学療法士という枠に囚われてしまうと、なかなか起業のアイディアが浮かばず起業の可能性が狭くなります。理学療法士の資格に囚われず、且つ今までの経験を強みに変えた起業の形を実現させることが理学療法士の資格を持つ方が起業して成功する近道です。今まで理学療法士だから◯◯できないといった考えに縛られていた方の視野が拡がれば嬉しく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Ryosuke